So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

再びウェールズへ(2)ポースマドッグ周辺 [鉄道巡り]

【ハーバー駅の朝】
3日目です.まずウェルシュハイランド鉄道(Welsh Highland Railway, WHR)とフェスティニオグ鉄道(Ffestiniog Railway, FR)の起点であるPorthmadog Harbour駅を訪れて始発列車の準備風景を眺めました.
DSC05113m.JPG DSC05113m
みんなが一番楽しみにしていたのがWHRのガーラット機です.
P5070091m.JPG P5070091m
ガーラットの編成は9:40にCaernarfonに向けて出発しました.ガーラットはのちほどじっくり堪能することにします.
P5070101m.JPG P5070101m
左側はガーラットがひくWHRが停泊していた線路ですが,つぎに築堤Cobの向こうの車庫からやってきたのはFRの列車を引くFairlie機のようで,ホームの右側に入っていきます.
P5070122m.JPG P5070122m
客車はすでにホームに待機しているのですが,増結車輛を拾いにむかいます.
DSC05131m.JPG DSC05131m
また何やらやってきました.
DSC05133m.JPG DSC05133m
小さな鉱山用Hunslet機で,Hugh Napier(オープンキャブ)とLillaの2両編成です.FRもWHRも勾配があるので客車編成を牽引するのは無理でしょう.
DSC05139m.JPG DSC05139m
Hunsletの鉱山機の編成はホームで出発準備が整ったFairlie機が引くFRの編成に並んで止まりました.きょうは祝日なのでファンサービスで駅にとどまるのでしょうか?
10:05発のFRの列車を見送ると,ひとまず駅を離れて次の訪問地に向かいました.
 
【ヘリテージ鉄道とその周辺】
次に訪ねたのはカンブリア線の駅の近くにあるウェルシュハイランド・ヘリテージ鉄道(Welsh Highland Heritage Railway, WHHR)です.(WHHRについての前回訪問記:2017-10-20 ~2017-10-21
当日は自慢の蒸機Russelがまだ点検を終えたばかりで,ディーゼル機の編成が待っていました.売店で切符を売ってくれたおばさんがここはウェルシュハイランド鉄道WHRではないよ,と念を押します.車掌をつとめるのは息子だそうで,小さな孫まで連れてきていて案内役をしてくれるそうです.前回一緒だった犬も家族だと話してくれました.家族でやっているみたいです.
DSC05140m.JPG DSC05140m
DSC05141m.JPG DSC05141m
牽引してくれるディーゼル機はHunslet製. ロンドン地下鉄延長工事のために1994年に製造された11トン機Emmaです.2003年にやってきたもののオリンピックの準備に関連したロンドンの高圧ケーブル埋設工事に一旦貸し出されて2008年に戻ってきたという現役バリバリの機関車です.
さて,1.2kmほどの短い距離を乗ったあとの帰路,Gelert’s Farmでしばらく停車して車庫見学というコースになっているのですが,前回は立ち入りが制限されているヤードとその奥にある修理庫の見学許可をもらって,次の便まで滞在させてもらいました.ところが今回はまだシーズン始まりで車庫の見学案内の常駐者が不在のため,停車時間内での見学となりました.修理庫へは機関士の方が直接案内してくれることになり,急いて見てまわることになりました.
DSC05154m.JPG DSC05154m
▲Gelert's Farmの構内は車庫が点在しています.
DSC05157m.JPG DSC05157m
▲これは日本にも導入されたこともあるOrenstein & Koppelの内燃機ですが,For Saleになっていました.他にレストアするものがたくさんあるので,特にこの地になじみのない本機は手放して資金にしたいようです.よかったらどうですかと言われましたが,値段は聞いていません!
DSC05162m.JPG DSC05162m
▲日本から持ってきたSimplexの模型を手に同類機に座らせてもらいました. 
DSC05160m.JPG DSC05160m
▲このBarclayの機関車の機関室の側板ですが,木製でした.
DSC05170m.JPG DSC05170m
Cambria線の駅はWHHRの出発駅の道路を隔てた反対前にあり, Arriva Trains Walesのディーゼルカーが出発を待っているのが見えます.位置関係がわかるように地図を載せておきます.
location-map-whhr-v2.pnghttps://www.whr.co.uk/より転載)
この地図黒い太線がWHHRになります.出発駅がCambria線(横に走る縞模様が路線)に接していますが,車庫のあるGelert’s Farmから先はウェルシュハイランド鉄道線(WHR,縦に走る縞模様が路線)に接しているのがわかります.つまりGelert’s Farmの南側に標準軌と狭軌が平面交差する地点があるわけで,翌朝その場所を確かめることができました.この Cae Pawb crossingについての詳細はこちらにあります:
上の地図の右下にFfestiniog Harbourの名称で記載されているのが起点のPorthmadog Harbour駅で,道路を横断して北方向に延びるのがWHR,そして右方向に築堤Cobを渡っていくのがフェスティニオグ鉄道(FR)です.
そして次はガーラットの撮影に向かいます.


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。