So-net無料ブログ作成
鉄道模型その他 ブログトップ

あるものはつくらない? モデリング・クラフト・アート [鉄道模型その他]

夏の鉄道模型コンベンションのあとの宴会で,調子にのって鉄道模型にはモデリング,クラフト,アートの三つの方向性があるなどとぶちまけてしまいました.これらの三つの言葉には幅広い意味や使われ方があるので,言葉の定義をするつもりはありません.以下の方向性を意味するキーワードとして大雑把に受け取ってもらえればうれしいです.日本語にすれば,模型,工作,芸術の関連ということになります.

【モデリング/模型趣味】

よくモデラー同士の励ましの言葉として“ないものは作れ”というのがありますが,裏返せば“あるものは作らない”というのがモデリング趣味の本質ではないかと思います.わたしは子供のころからプラモデルに親しんできました.しかし,模型工作を経験した大人たちからは随分とバカにされたのを思い出します.“設計図に基づいて木を削って作り上げてこそ模型工作”であり,ばらばらに成型されたものを組み上げるだけで何が工作なのか,というわけです.確かに子供のころは塗装するすべもなく,バリとりと接着剤がはみ出ないようにていねいに組むこと以外,特段にスキルを発揮するものでもなかったので,この言葉に対しては反論する余地がありませんでした.つまり,模型趣味というのは工作趣味とはちょっと違うのだということをこの時思い知らされたのです.

さて鉄道模型です.鉄道模型(ここでは車輛模型のこと)にはスクラッチ(手作り)を目指したい側面がかなりあります.しかし,これはたまたま古い鉄道車輌が3次元的造形ではなく平板の曲げ加工であることから作りやすいということがあるからだと思います.一方で優れたキットが増えてくればなるべくこれらを使って,必要ならさらに手を加えるというのが多くの楽しみ方になってきます.また,部品の活用ということになると情報収集も必要となります.そしてキットやパーツが増えていくと,あえて手作りという領域はどんどん狭められていき,工作こそモデリングの本質だと考える人は新たに題材を探すかフリーランスという方向に向かうことになります.ナローゲージモデルはその受け皿の一つであると言えるでしょう.しかしさらに3Dプリント,レーザーカットという道具が活用されていくのはモデリング趣味の宿命であり,3Dプリントとなると工作趣味というより設計趣味ということになるでしょう.

【クラフト・工作】

何年か前に“親子で楽しめる鉄道模型工作教室”を開催してくれないかと頼まれたことがありました.一見簡単にできそうですが,はたと考えました.工作とは何か? Nゲージの存在も十分知っている目の肥えた子供たちがペーパークラフトで満足するとは到底思えません.ペーパークラフトを楽しもうなどと考えるのはむしろ大人の方です.こうなるとNゲージの基本セットの活用などを念頭に置く必要が出てきて費用も派生しますが,どこに工作すべきところがあるのかと考えてしまいます.それでこの件は自分としては対応できないので断ったのですが,翌年工作にちなむものを是非と頼まれ,考えた末”ミニチュアハウスをつくる“という3回にわけた大人向けの公開講座をやることにしたのです.

DSC02175m.JPG

これはOスケールの小さな家を発泡スチレンシートでつくり,樹木のあるジオラマにしたてるというものです.型紙と素材を用意し,いくつかの基本プランの中から好きなものを選んで製作してもらうもので15名ほどの受講者がいました.この内容については別の機会に譲ることにしますが,ここで考えたのはクラフト教室的なアプローチとは何かということです.ご存知のようにドールハウスという分野があります.もちろん様々なアプローチがありますが,多くの場合,手作りを楽しむもので,その素材は一般的な材料である木材,紙,布,粘土を活用することになります.つまり,果物を盛ったお皿であれば皿と果物の成型パーツを買ってくるのではなく粘土等で作るわけです.このような”素材を活用する“方向性をここではクラフトと呼ぶことにします.例えば鉄道模型で欧米風の家を作りたければ窓枠にグラントラインのパーツを使えばOKなわけですが,クラフト(工作)となればそうはいかず自作の対象となります.窓枠の工作は結構難しいので,クラフト紙に窓枠をプリントしたものを配布し,切り抜いてもらうことにしました.建物に添える樹木も鉄道模型的には簡単にウッドランドシーニックスの製品で済ませたいところですが,クラフトとしては納得いかないでしょう.そこで100円ショップの箒をつぶしてそれを造花用のクラフトテープで巻いて幹をつくる方法を考案しました.しかし葉の部分を手っ取り早く実感的にといってもアイデアが浮かばす,この講座では唯一鉄道模型用品であるウッドランドシーニックス(KATO扱い)のフォリッジを小分けして配布することにしたのです.このようにクラフト趣味は一般流通している素材をいかに活用するかが課題であり,モデリングとは異なる傾向の趣味だということを再認識しました.最近では鉄道模型のイベントで,カルチャースクール系の人がクラフト指向で参加されており,今までの鉄道模型趣味とは模型製作のアプローチが異なっている点が興味深いです.

【アート/芸術作品】

アートについてはあえてここで語ることはないと思います.いずれにせよ,何をどのように表現したいかが主張できている作品はアートといえるので,鉄道模型の作品がアートであることは間違いありません.よく“ロストワックスパーツてんこ盛りはいかがなものか?”などと言われますが,これは鉄道模型においてはディテール追及がすべてではなく,模型として表現したいものを取捨選択することが重要である,ということを表す言葉だと思います.

もう一つ大事なことは,鉄道模型趣味はアートとしてすぐれている作品を残すことが目標ではないということです.つまり鉄道模型は作って,触って,走らせてなんぼという世界であって,最終的な作品としての価値は二の次だと思うからです.



以上,当たり前のことを振り返ったに過ぎませんが,鉄道模型というのはテクノロジーとともに進化する宿命にあるものの,やはり工作が本質にあることを忘れずに,ディテールがすべてではなくバランスよく作り上げることを目指す,というモデリング,クラフト,アートの3要素を合わせ持つ楽しみだということが言えそうです.

nice!(0)  コメント(0) 

国際鉄道模型コンベンション Narrow Gauge Junctionの出展 [鉄道模型その他]

8月18日から三日間開催された恒例の国際鉄道模型コンベンション(通称JAM)ですが,今回もNarrow Gauge Junction(NGJ)として出展しました.NGJの展示は個別作品が中心です.主な作品はマイクロレイアウトとなるため,例年コの字型に配列展示しています.持ち寄り作品もあるため毎日少しずる展示内容がかわります.

DSCF7278m_chuoL.JPG

こちらは中央部分,今年の車輛作品のテーマは「箱モノ気動車・電車集合!」です.最近トミーテックから1/80ナローゲージの猫屋線シリーズが発売されたこともあり,このテーマとなりました.1/87の作品も多数集まりましたが,日々の入れ替わりがあり,まとまった写真がないので,ここではレイアウト作品,その中でも新作を中心に紹介します.

DSCF7280m_R.JPG

まず右ウィングから.右側は谷川さんの作品群.右端にあるのはメカ的な制御,その隣はマイコン制御,とそれぞれに趣向を変えて運行に仕掛けを盛り込んだ作品です.奥には地鉄宮下さんの意外なアメリカンナロージオラマや小ループをまわる土口木寸(ねこ)さんの完全手作り箱型機関車(未塗装)が見えます.

DSCF7293m_rivet&bukijin.JPG

こちらは”不器用な淳”さん(右)とリベットおじさん(左奥のタワー型)らのマイクロな作品群です.飲み屋でも走らせられるサイズと可搬性を実現しています.

DSCF7264m_HOn3.JPG

中央右の一角を占めるのはHOn3のアメリカンナローの世界,木曽モジュールを中心に活躍するU太さんの橋梁セクションとそれを囲む位置に置かれたKさんのアメリカンOナロー作品の展示台です.

DSCF7308m_yuta.JPG

U太さんのHOn3レイアウトはエンドレスループを構成しており,この右側の部分と左側の部分が新たにシーナリーセクションとして加わりました.発泡スチロールボードをベースに極力軽量化された分割式レイアウトです.

DSCF7277m_hidari.JPG

こちらは左ウィング部分でマイクロレイアウトが並びます.手前クレーンのある超小型運転盤とともに並ぶのは日出生交通さんのHO-6.5ミリレイアウト,超低速で平面交差のある線路をシャトル運転します.その奥に並ぶのは小型内燃機をスクラッチで製作されているozuさんのOスケールの運転盤でゲージは12.7ミリ,10.5ミリなどに対応しています.

DSCF7267m_imai.JPG

こちらは桜山軽便さんの新作Oスケールループ線.枯れた情景を見事に演出されています.

DSCF7303m_kaban.JPG

こちらは最終日に持ち込まれた栂森鉄道さんの連作になるカバン線の新作で,工具箱にすっぽり収まります.見慣れた線路配置ですが,見事な作りこみです.

DSCF7268m_akinor.JPG

akinoriさんの新作はウッドデッキテラスを中心としたループ線.デッキはプラ製で,小品としての仕上げがきれいです.

DSCF7261m_kuma.JPG

真鍮キットを精力的に仕上がているkumaさんは父親との合作で屋久島をイメージした作品.特に樹木が実感的です.

DSCF7291m_nkshuttle2.JPG

最後に自分の作品を2点.これは例年スーツケースに収めて搬入しているOナローのトラックモジュールのシリーズ.今年はなべトロの転倒動作をS字の自動往復運転で実現しました.鉱石の積み下ろしまでは自動化できていませんが,なべトロ6輌編成が荷下ろしする動作は終日支障もなく実行できました.

DSCF7289m_nkSn.JPG

こちらは最近始めたS-9ミリの運転盤です.シーナリー以外は載せるだけですので,時折HO-9ミリの運転盤として活用しました.A2判2枚からなるベースよりも手前にグラスマットがせり出る前垂れ式にして,写真撮影にも使える台にしてみました.


全部は網羅できていませんがこれがひととおりのレイアウト関連の展示作品の紹介です.

ナローゲージャーの多くは10月1日に開催予定の軽便鉄道模型祭に向けて準備中です.このJAMでの展示は,一般の方々や標準ゲージャーにナローの魅力を知ってもらおうという意図で企画していますので,ここでは紹介していない人気の高い旧作もたくさん展示されました.その役割は果たせたのではないかと思います.





nice!(0)  コメント(0) 

未完の箱モノ 16番プラバン車体 [鉄道模型その他]

フリーランスの16番トロリーライン”松ヶ崎電鉄”を展開していた当時,プロトタイプ物にも少し手をつけました。それらはブラスキットが中心でしたが,プラバン自作を始めたものもあります.

DSCF6902s.JPG

1981年のことです.職場の同僚が一眼レフカメラを初めて買って撮影対象を開拓いたこともあり,ゴールデンウィークの帰省の折,途中下車で名鉄岐阜市内線,美濃町線の撮影に誘ったのです.美濃町線は路面電車が専用軌道を走るという,もっとも好きな情景が展開される路線でした.そして思わぬハプニングが!新関にたどり着く前に乗用車との接触事故を起こしたのです.幸い軽い接触だったのでけが人は出さずに済んだものの,しばらくは立ち往生.同行の同僚は鉄ではないので,これ以上待たせるわけにもいかず、引き返すことになり念願の終点にはたどり着けませんでした.したがって専用線を走る路面電車の風情は十分カメラに納めることはできませんでした。

さて,当日購入した岐阜市内線・美濃町線の一日乗車券ですが,これがすごいのです.美濃町線近代化記念ということで同線の運行ダイヤと全車両の側面がイラストとして描かれているのです.折り畳みステップのオリジナル600形が6輌,札幌から来た連接車870形が8編成,そして地味な路面電車590形が5両、全て描かれています.事故にあったとき乗っていたのは590形です.地味な車両とはいえ、典型的な路面電車スタイルは模型として融通がきくので,この切符の側面図を拡大してプラバンで製作を開始することになりました.正面は写真があるのでそれをもとにしました.

DSCF6903s.JPG

まず切符のイラストを拡大し(左上),方眼紙に図面を起こします(右上)

そして0.5ミリプラバン2枚合わせの図面を作成し(左下),切り抜きを開始しました(右下).

DSCF6904s.JPG

これがプラバンで,外板の窓とドアは切り取られていますが,残りは罫書のまま,放置されること30年以上経過してしまいました.屋根をどのようにつくるかを考えているうちに頓挫したということです.


さて,路面電車とは別に標準的な私鉄電車にも関心があったので,ブラスキットを少し組みましたが,プラバンでも挑戦しようと選んだのが一畑電気鉄道のオリジナル車輛です.16m級のデハ1,デハ20,そして荷物合造車のデハニ50です.

DSCF6906s.JPG

参考にした資料や図面はいくつかありますが(左側),カラーブックス日本の私鉄,中国四国九州編の巻末にあったデハ20の図面は全体のバランスを掴むのに役立ちました(左下).方眼紙に3形式の図面をつくり(右上),プラバンにコピーを貼り付けて切り抜きを開始しました.

DSCF6907s.JPG

特徴的な一面リベットだらけの感じを表現したかったので、プラバンでの初めての挑戦になりました。リベット打ち出しのため0.3ミリ厚プラバンを使っていますので、窓枠を含め何層かの裏打ちは必要なのですが、そちらはまだ準備しないまま、とりあえず外板だけで切り抜きを始めました。


DSCF6914s.JPG

リベットは思いの外うまく打ち出せれています。しかし、こちらも全体構成を考えているうちに頓挫し,やはり30年以上が経過してしまいました。


次は車体自作した唯一の本線私鉄電車。京急1500形です。

DSCF6912s.JPG

当時地元の模型同好会で活動しており、京急車両の模型展示を行うというので急遽製作に名乗りをあげました。車体はプラ板、屋根は木板の上にプラペーパーでカバー、空調機器は借りてきたダイキャストをレジンで型取りしたものです。

DSCF6911s.JPG

前面は透明板をマスキングで塗装分けし、はめ入れています。期限があったのでなんとか駆け込みで完成させて展示に間に合わせました。しかし床下機器は未装備のままで、仕上げにもムラがある点が気になったまま、収納保管されることとなりました。

DSCF6909s.JPG

そしてまだ増備の計画がありました。これはプラ板に図面を貼り付けたまま残っているものです。それまでの切り抜き用テンプレートは方眼紙で作り直していましたが、この京急1500形は鉄道ファンの図面のコピーをそのままプラ板に貼り付けていました。

 

 現在は16番の箱モノへの情熱は冷めてしまっているので,このままの状態で残されることになりそうです.今日ではスキャナーにかけた図面の拡大縮小は自由自在ですが,当時はコピー機と向き合いながら拡大縮小の失敗を重ねていた苦労を思い出します.

鉄道模型その他 ブログトップ