So-net無料ブログ作成
O-16.5mm (On30, O16.5) ブログトップ

コッペルのナローゲージ蒸機 [O-16.5mm (On30, O16.5)]

 コッペル(Orenstein & Koppel)の小型蒸機は日本の多くの軽便鉄道に導入され,そのスリムで端正な造形からかナローゲージ模型では最も人気のある機種になっています.蒸機にはそれほどこだわってこなかったのですが,手持ちの模型を集めてみると,何台かありました.
 
【O-16.5mm】
P2100359m.JPG P2100359m
完成している2機を並べてみました.
P2100350m.JPG P2100350m
右はオレンジカンパニーの西大寺鉄道コッペル7号30HP機.特徴あるラッキョウ型煙突は当社の車輛限界の関係で上部がありません(笑).本格的なブラスの蒸機キットに初めて取り組んだ作品ですが,設計がよく,特別な苦労なく組めました.ただし窓枠がまだついていません.
左はトーマモデルワークスの7トン30HP機です.同じく西大寺の4-5号機がプロトタイプということです.組みやすい設計でした.この2輌がOナローで完成しているもので,どちらも快調に走ります.
P2100354m.JPG P2100354m
トーマモデルワークスは人気のあるコッペルをいくつかリリースしており,手に入れましたがまだ途中までしかつくっていません.
右のプラケースにいれてキットは5トン15HPボトムタンクで安濃鉄道の1-3号機がプロトタイプ.
中央にあるには4トン10HP Cタンクで,秋田営林署にあったものが元になっており,キットは自分でディテールアップする簡易仕様になっています.スケールは1/45です.
そして左側は4トン10HP BタンクでCタンクと同様スケールは1/45.庵原軌道,城南軌道で使われたものを元にしているとのことです.こちらはディテールの細かいキットで開放型のキャブやバックヘッドのオプションパーツも揃えました.
 
トン数が代わればサイズも変わるので細かいことは気にしませんが,1/45にした方が1/43ミニカーや大き目につくられるシーナリーアクセサリと混在させやすく,1/43.5のクリッターまで同居している当方としてはありがたいスケールです.
 
この3台がまだ完成していない理由.キットはどっかいじってみたくなるのですが,コッペルは原型が美しく下手に改造を加えるわけにはいかず,かといってディテールアップするほど実物に詳しくないのでつい後回しになってしまいます.ただし中央のCコッペルはカスタム仕様!にするつもりです.
 
これらの原型コッペルから大きく離れているのが次の1台です.
P2100351m.JPG P2100351m
コッペルのマレー機で,インサイドフレームとアウトサイドフレームが同時に楽しめる模型映えする一台です.ヨーロッパに残っているものとはかなり印象が違いアメリカナイズされています.中米の鉱山で活躍していた2ftゲージ機でコロラドのCripple Creek & Victor Narrow Gauge Railroadで動態保存されています.実物写真はこちらです.
img115m.jpg img115m
TMS1998年5月号(640)に訪問記を掲載しています. 
img114m.jpg img114m
1989年に訪れた時,それほど関心がなかったので下回りをちゃんと観察していません.
P2100353m.JPG P2100353m
キットはBackwoods Miniatureのもので組み立ててから10年以上たっていますが,あと,一歩で完成という段階で止まっています.車輪は外せない構造なので,塗装をどうするか考えているうちにそのままになってしまいました.ヘッドライトなどの未取り付けの部品があるのですが,説明書とともにどこかにしまったきり,見つからないのが放置の原因で,なんとかしなければなりません(笑).しかし走行は問題なく,250Rのカーブを通過できるので時折,レイアウトで走らせて楽しんでいます.
 
この機関車を見るたびに,コッペルも思いっきりイメージチェンジさせていいのだという思いに至ります.
 
【HO-9mm】
P2100358m.JPG P2100358m
さて,こちらは乗工社の初期の製品で浜松鉄道5-6号機がプロトタイプのBタンク.これが発売されたときはかなり話題になっていましたが,当時の自分はあまり蒸機に関心がなく,また組み上げる自信もなく手にしませんでした.ずっとあとに別々の知人から偶然に譲り受けることになり組立てました.弁装置は可動しませんが,それらしいものがロストでついているという設計がいいと思います.
P2100357m.JPG P2100357m
1台はキャラメルモーターのまま,もう1台は新しいカンモーターに換装しました.
P2100356m.JPG P2100356m
その後今野さんのガレージキットとして30HP機が頒布されました.手に入れたままストック状態です.
人気のコッペルは他にも多くのHOキットがリリースされていますが,持っているのはこれだけです.
 
が,しかし,ちょっと待ってください.
P2100355m.JPG P2100355m
エガーバーンの定番であった2号機はミニトレインズからコッペルとして発売されているのです.
銘板にちゃんとOrenstein & Koppelと書かれています.
 
そしてこのデザインは今野さんのガレージキットやさらにそれをベースにしたアルモデルのフェルトバーンSLにも反映しているのです.まわりにはプロトタイプに関して厳格な人が多いので,これをコッペルなどと呼ぶと叱られそうです.しかし,フリーランスモデラーとしては何かに似ているということでプロトタイプの名を語り,何々風というのはいいと思います.ただし,昨今は商標権が厳しいのでOrenstein & Koppelの商標を引き継いでいる企業に使用許諾を申請する必要があるかもしれませんね!


nice!(0)  コメント(0) 

給水塔と石炭置き場をつくる [O-16.5mm (On30, O16.5)]

A2パネルの組み合わせレイアウトの機関庫脇に設置する給水塔と石炭置き場をつくりました.
P2080341m.JPG  P2080341m
給水塔は木製の櫓の上に円筒の金属タンクという構成です.
P2070330m.JPG  P2070330m
タンクの直径は4センチ,トイレットペーパーの芯に0.2ミリプラ板を巻きつけました.
P2080333m.JPG  P2080333m
プラ棒で櫓を組んでいます.右上はトイレットペーパーの芯.栓はプラの部品があったので利用しました.
P2080334m.JPG  P2080334m
タンクの蓋はプラ板による木製
P2080336m.JPG  P2080336m
塗装完了.ホースは電気絶縁用の収縮チューブですが,形を抑えるために中に真鍮線を入れています.
P2050326m.JPG  P2050326m
プラ板のあまりで石炭置き場の枠をつくりました.
P2080344m.JPG  P2080344m
石炭は発泡スチロールの破片の上にバラスト材を固着して表現しました.
P2080347m.JPG  P2080347m
給水塔と石炭置き場をレイアウトに設置しました.
P2080348m.JPG  P2080348m
工場のまわりを引き続き補修中です.


nice!(0)  コメント(0) 

張りぼて工法による小さな木造機関庫 [O-16.5mm (On30, O16.5)]

P1300307m.JPGP1300307m
P1300300m.JPG P1300300m
古びた感じの,Bタンクがやっと収まるぐらいの小さな木造機関庫をつくりました.今回は工作用段ボール紙のモックアップに壁素材を貼り付けていく“張りぼて工法”でつくることにしました.
P1210224m.JPG P1210224m
これが工作用ダンボール紙の土台です.1㎝方眼なので寸法がはっきりわかります.(後で述べるように3ミリ屋根をかさ上げする変更がありますので,寸法の参考にされる場合は上端を3ミリ上げてください.)窓枠はケント紙で作ることも多いのですが,ここではグラントラインのOスケールの窓枠アソートセットに中に一枚ずつ入っていた外枠がない横スライドにも使えるものを拾い出しました.ボール紙の内側に貼りますので,窓の部分は正確に切り抜いておきます.
P1210227m.JPG P1210227m
角は5ミリと3ミリのプラ角棒で補強します.
P1210229m.JPG P1210229m
両側の扉枠ですが,ここに蝶番をつけるので,タミヤの5ミリL字材を使いました.
P1210230m.JPG P1210230m
扉は可動で180度開く蝶番式にしたいと考えましたが,しっかりした蝶番をつくるのは結構大変そうです.そこで東急ハンズで見つけた小箱用の蝶番(長さ14ミリ)をニッパーで上下に分けて使うことにしました.
P1220233m.JPG P1220233m
扉は筋目入り1ミリプラ板を両側で張り合わせ,帯板をつけました.蝶番は0.7ミリ径のTピン(アクセサリー材料店で扱っている虫ピンをなましたようなもの)で固定し,瞬間接着剤を垂らしておきます.扉のはめ込みは,扉側の蝶番に0.8ミリ線を入れて接着し,枠側の蝶番に落とし込む仕組みで,すぐに取り外しできる構造です.
P1220248m.JPG P1220248m
下地塗装をして,扉の開閉を確かめます.しかしここでミスが発覚しました.屋根が低くて破風板をつけると開いた扉にあたりそうです.そこで屋根の角材の縁にさらに3ミリの角材を当てて少し高くしました.
P1260259m.JPG P1220259m
屋根の縁にのった白い角材が3ミリ屋根をかさ上げした部分です.壁面は縦板目としました.使ったのは0.5ミリ厚プラ板で,Pカッターを使い大体4ミリ間隔で筋をいれますが,現物合わせでプラ板の破片を適当な大きさで切り出して埋めていく要領です.板の幅は両端寸法の調整もあるので不揃いです.土台部分は5ミリほど板を張らずに残します.木目は粗いサンドペーパーをかけ,所々傷んだ感じに仕上げます.窓枠は別に切り出します.窓下部は2ミリ角です.
P1260260m.JPG P1260260m
屋根裏は角材で破風板,隠し板を組み,紙の差し込みガイドをつけておきます.
P1260262m.JPG P1260262m
縦板を張り終えたところです.このあと壁面には調色スプレーの薄いグレー(ガルグレーを使用)を吹き,そのあと,部分的にウッドブラウンを吹いて木調の仕上げに入ります.
P1290292m.JPG P1290292m
仕上げはパステルの粉を使いました.茶色,グレー,黄土色など複数色を用意し,粉にしたものをアクリル塗料用溶剤(タミヤX20A)や水で溶いて塗っていきます.粉のまま擦りつけても違った効果がでます.市販のウェザリングパウダーやアクリル塗料も併用できます.毎度試行錯誤しています.
P1290294m.JPG P1290294m
ひととおり木材らしくなったら,アクリル塗料用溶剤(タミヤX20A)に墨汁をたらした黒汚し溶液を塗って筋目を強調します.
P1290299m.JPG P1290299m
屋根は波板張りとしました.ピッチ幅1.6ミリのフォーム成型板(Plastruct  PS47)を使いましたが,特にピッチ幅にこだわったわけではなく,ありあわせです.グレーを吹いた後,ウェザリングパウダーの擦りこみで錆びた感じに仕上げます.
P1300302m.JPG P1300302m
P1300306m.JPG P1300306m
ちょっと汚しすぎかもしれませんが,完成しました.
P1300308m.JPG P1300308m
A2パネルの組み合わせレイアウトに設置しました.レイアウトは運搬するので,建物は固定せずに,下枠の5ミリ角材に2ミリの孔をあけ,そこにビスを落とし込んで設置しています.
P1300305m.JPG P1300305m
さて,これは今まで配置されていたモルタル壁の機関庫でプラ板製です.これも気に入っている作品で,扉は上下端にとりつけたピンで開閉します.この作品は別に使うことにしましたので,このシーンは古びた建物に置き換わり,時代を逆行してしまいました(笑).


nice!(0)  コメント(0) 

小さなロッド式内燃機 [O-16.5mm (On30, O16.5)]

久しぶりにOナローの機関車についてです.
DSCF7403m.JPG  DSCF7403m
軽便鉄道模型祭に出展しているクリッターズクラブにここ数年参加していますが, 2017年のお題は“蒸機以外のロッド式動力車”でした.アルモデルの軸距15ミリ動力“アルパワーHO-15”,そしてそれに使うためのロッドセットを手に入れてからそのままになっていましたが,このお題をきっかけに2台の内燃機をまとめました.26号と27号です.
ICL26.jpg 
ICL27.jpg 
▲今回の車輛は現物あわせの設計で,あとから図面にしました.
*****
【26号】
DSCF7349m.JPG DSCF7349m
▲一台目の26号は後部を開放にしたタイプです.機械室の部分は,以前に製作しながら設計変更で使わなかったものを切り詰めて流用しました.多くは現物あわせの製作ですが,そこで役立った便利なもの,それはWAVEから出ている方眼目盛り付きのグレーのプラ板です.
DSCF7373m.JPG DSCF7373m
▲印刷された目盛は歪みが多少ありますが,小さな一品物を切り出すのに大変便利です.残った形のいびつな破片からも切り出しが簡単にできます.
DSCF7380m.JPG DSCF7380m
▲機械室は自作部品の残骸を活用,経年で変色していました. 
DSCF7382m.JPG DSCF7382m
▲キャブ内が見えるのでそれらしくモータ部にカバーをし,運転席らしいものを付けました.人形はグラントラインのプリムス用ドライバーです.車体は青大将グリーン,下まわりは赤を塗装して仕上げました. 
DSCF7400m.JPG DSCF7400m
DSCF7402m.JPG DSCF7402m
*****
【27号】
二台目の27号は廃車にして余剰になっていた蒸機のキャブを利用することにしました.
R0012073m.JPG R0012073m
▲これはDapol(Hornby)のパグ(左)をOナローに改造したときのもの(右)ですが,その後,上回りを作り直したのでキャブだけ残して廃車となっていました.
DSCF7378m.JPG DSCF7378m
▲これを使って機械室と台枠を新しく製作しました. 
DSCF7383m.JPG DSCF7383m
▲塗装が終わったところ
DSCF7399m.JPG DSCF7399m
DSCF7398m.JPG DSCF7398m
▲キャブは赤色で軽くウェザリングされていたままにしたので,新調した機械室の赤が少し明るい色になっています.下回りはオレンジ色にして27号となりました.
DSCF7396m.JPG DSCF7396m
▲車輪の輪芯については,26号機の方はメタルのスポーク輪ですが,28号の方は車輪径を変えた蒸機のお下がりで,アウトサイドフレーム用のカウンターウェイトを埋め込んだものを使用しています.またそれぞれ前照灯に3ミリ径のLEDを装着しています.走らせても楽しい愉快な機関車となりました.


nice!(0)  コメント(0) 

パネルの組み換えでシャトル! [O-16.5mm (On30, O16.5)]

1.jpg
 軽便模型祭のクリッターズ・クラブに参加させてもらっていますが,今回のお題は自動往復運転レイアウトとのこと.いずれはレイアウトに組み込もうと往復運転のユニットを買ってあったのを思い出し,探しだしました.2008年の鉄模連ショウでトラムウェイから購入した終端レールにダイオードを入れてタイマーで極性反転を行うものです.
2.jpg
 さっそくこれを使ったレイアウトを考えた結果,以前に作ったパネルを組み換えて利用することにしてみました.小さな資材運搬のためのトロッコ軌道です.使ったのは半径150ミリのB4パネルです.半円部分の2枚のパネルをS字接続し,ダイオードを入れた両端の直線のセクションを新たにつくることにしました.半円部分も情景に変化をつけたいので,一枚には取り外し可能な岩山のようなものを配し,ストラクチャは置くだけにして重ね収納ができるようにしました.またタイマーによって極性が変わる様子が確認できるように抵抗を入れた赤緑LEDによる信号灯をつくってみました.単純に進行方向のときに緑が点灯するもので,曲線部分に設置してあります.
4.jpg
 自動シャトル運転の際,重視したいのは安定した走行です.つまり,反転の際,起動がスムーズなこと,前後でスピードがかわらず低速運転が可能なことです.そうなると従来のパワートラックものは厳しく,最近製作した低速で安定した大型のモーターを備える豆タンクが活躍する舞台となりました.
3.jpg
  S字カーブでコンパクトにまとめた組み合わせを計画した時点では線路長が短すぎてつまらないのではないかと考えていましたが.終端での静止時間をとると,作業して戻っていくような状況が演出でき,エンドレスにはない臨場感を狭いスペースで楽しむことができることがわかりました.
 また,パネルは次のようにエンドレスに組み換えることも可能です.
6.jpg

持ち運べるレイアウト [O-16.5mm (On30, O16.5)]

DSCF5168m.JPG
 公共交通機関でも持ち運べるレイアウトをテーマに,写真パネルを組み合わせた“トラック・モジュール"を作り続けています.クラブ活動でのモジュールでは接続の安定性を図るために重装備なものになりがちですが,個人でパネルを並べるだけなので,コード100,PECOのOナロー用線路をジョイナーでつなぐだけの簡単なものです.写真パネルの厚さに関してはメーカーによって差がありますが,2センチ厚のものを選んでいます.多少のばらつきは,板を下に敷くことで対応できます.
 上の写真は2015年のJAMコンベンションで展示したもので,A2判パネルを中心に並べたもので幅は227センチに及びます.線路の半径は25センチなので,小型のCタンクや日本型軽便車両もかろうじて走行できます.これらは以下のスーツケースに収納して運びました.
DSC02024m.jpg
 このレイアウトでは,パネルは重ねて収納するため,ストラクチャー類は別に収納し,設営時に載せて並べる構成になります.
 さて,地形の変化や固定されたストラクチャのあるレイアウトがまたつくりたくなり,作り続けてきたトラック・モジュールの仕様(パネル厚さとレールのコード以外に規格と呼べるものはありません!)で箱組にして運べるものを新たに製作してみました.
DSCF5411m.JPG
 線路を敷設した状態です.A2判パネル2枚で構成されるエンドレスで,横長方向につなげて42センチx119センチの大きさになります.左側のカーブの半径は18センチ,右側は15センチです.したがって動力車なら小型の2軸が限度です.今回製作している一連の小型Bタンクが主役となります.
 これにシーナリーを施して完成したのがこちらです.
DSC03116m.JPG
 左奥にはホッパーがあり,廃鉱山で観光列車を運行している保存鉄道を想定しています.
右には直線モジュールを接続して延長していますが,基本となる2枚は次のように向かい合わせにして箱組にすることができます.そうなるようにシーナリーを配置したわけです.
DSC02999m.JPGDSC03001m.JPG
 厚さ(高さ)は20センチです.箱組にして持ち運ぶ場合,取り付けたものが外れないように,また外れたとしても傷まないように徹底した軽量化を考えました.
DSC02310m.JPGDSC02319m.JPG
これらは左右に配置したトンネルですが,造形,ポータルを含め発泡スチレンシートを使ってみました.
DSC01882m.JPG
 また,ホッパーも工作用紙を芯にバルサを貼り付けたものにしました.ストラクチャー類もほとんどが発泡スチレンシートとバルサを使ったものです.
DSC03122m.JPG
DSC03134m.JPG
 この作品は今年のJAMコンベンション(Narrow Gauge Junctionブース)に出展しました.KATOからサウンドユニットが出ていますが,標準でついてきた蒸機サウンドを入れて展示しました.ホッパーは右側のシュートが開放状態なので,中からバラストを入れればなべトロに積み込むこともできようになっています.メンテのためにストラクチャー類の屋根は差し込み式になっており,そのため持ち帰ったときは屋根がいくつか外れていましたが.軽量化したため傷みはありませんでした.
 パネルは増殖する一方で,新たなものを製作中です.

小さなサイドタンク機(29号機) [O-16.5mm (On30, O16.5)]

DSC02274m.JPG
 アルモデルから軽便Bタンクキットが登場しました.以前に発売されたHO自由形Bタンクを活用したキットですが,バランスのとれた可愛らしいデザインです.キャブと下回りの組み立ては指示通りですが,ボイラーまわりを作り替えてみました.
DSC02257m.JPG
 アルモデルのHO自由形Bタンクの下回りを用いたサドルタンク26号機(左)と比較してみます.車輪径は10.5ミリに対し11.5ミリとなり,フレームも新設計ですが,ホイルベースは同じ20ミリで,ロッド関係の洋白パーツは共通です.また,ボイラーとシリンダーのホワイトメタルパーツが共通です.細目のボイラーも悪くないのですが,もう少し太いボイラーを採用することにしました.
"363" border="0" align="" alt="DSC02259m.JPG" /> 
 真鍮のパイプを切り出すのも億劫だなと思っていたところ,ジャンク箱からNスケールのストラクチャパーツの余剰品としてちょうどよい円筒のタンクがでてきました.直径15ミリです.プラ帯材による帯ベルトが簡単に接着できるのがプラのいいところです.イベントで手に入れたトーマモデルワークスの放出パーツの中から内務省土工タンクの煙室扉と煙突を選びました.ドーム類もメタルパーツを利用しています.つかみ棒は挽物パーツ.逆止弁はエコーモデルのロストパーツです.汽笛だけはプラロッドの手作りですが,パーツの利用でディテールを引き締めました.
 パワートラック用に設計されたアルモデルのフェルトバーンBタンクのパーツを利用した蒸機も4輌あるので,追って紹介する予定ですが,今,これらのタンクロコのためのレイアウトの製作を始めています.

小さなサドルタンク機(26号機) [O-16.5mm (On30, O16.5)]

DSC02256m.JPG
 アルモデルから発売された自由形Bタンクですが,入門車両としてずっと親しまれてきた題材だけに,改造を楽しむにはもってこいのキットです.こんな掲示板もあります.
  http://6909.teacup.com/arumobtsl/bbs
 わたしはOナロー機として仕上げたいと思い,あれやこれやと考えを温めているうちに,この派生キットとしてOナローキットが発売されてしまいました.そこでしばらく停滞していた製作を進めることにしました.車輪径10.5ミリ,ホイルベースは20ミリのとりわけ小さな蒸気機関車です.
DSC02241m.JPG
 アメリカ型の産業用サドルタンク機風のスタイルを検討しました.ボイラー部分が短いので,煙室の部分までを覆うサドルタンクがイメージできました.早速ジャンク箱からサドルタンクを漁って,ちょうどぴったり合いそうなものを見つけました.バックマンHOのC型サドルタンク機のパーツです.こちらは2機ほどOナローのサイドタンク機に改造していますのでその余剰品です.(写真にあるその他のパーツはバックマンポーターとMDCクライマックスモドキのタンク部分です.)
 次にボイラーですが,キットに入っているものより,アルモデルのフェルトバーン蒸機の分売パーツのボイラーの方が少し太めで,ちょうどサドルタンクをうまく支えてくれるので,これを利用することにしました.ボイラーはタンクをかぶせてしまうとほとんど見えないので贅沢な話ですが,手前のサンドドームを切り落とすとちょうど煙突を通す部分になることも幸いでした.以前廃車にした蒸機のキャブ(同じ赤いキャブですが完成したものとは別物)を使って全体のイメージを固めることができました.
DSC02249m.JPG
 キャブは検討に使ったものとほぼ同寸ですが,プラバンで作り直しました.煙突はプラパイプを利用しています.そのほかには砂まき管などをあしらって仕上げています.ギア比1:14,ロッド伝動ですが,扁平モーターは低速でも力があり,安定した走行です.なべトロや平トロあたりの編成が似合いそうです.
 さて次はOナローキットのほうです,

Oナローモデリング,単行気動車の原点? [O-16.5mm (On30, O16.5)]

DSC02298.JPG
 鉄道模型を始めるきっかけになったのは小学生のときに買ってもらった三線式のO(オー)ゲージセットでした.今もその一部が残っていて,写真はショーティのEB10電気機関車と展望2軸客車です.ぼろぼろな状態でしたがかなり前に知人によって修復・塗装されています.EB10に数量の2軸車を牽かせて畳の上に敷いた円形エンドレスを走らせて遊んでいましたが,高価ゆえに動力車の増備はありませんでした.そのうちに走らせるのもあきてしまい,ただ車輛を眺めて鉄道が走る情景を想像して楽しむようになりました.畳は田んぼを連想させてくれますが,それにふさわしいのは1両の車輛でした.それは機関車ではなく,写真にある2軸の展望客車です.この展望客車1両を畳の上に置いて穀倉地帯をとことこと走る単行の気動車を連想していたのです.線路を敷くと毎回片づけなければならず,それが面倒だったことも一因で,安楽マニアの原点のようなものです!わたしは京都市内で1435ミリゲージの電車に囲まれて育ったので,ナローゲージにはあまりなじみはありませんでした.ゲージのことはわからないまま,日本の田舎を走る軽便鉄道の一風景を連想していたことになります.
 鉄道模型は中学生になって,HOゲージを少しかじり,大学生になってNゲージを始めました.車輛よりも情景に関心があったのでNゲージはありがたかったのですが,その後車輛製作にも意欲がでて,社会人になって小さなレイアウトで走行できるHOの路面電車模型に傾注しました.しかし,路面電車レイアウトは街ぐるみのコンセプトが重要であることや架線へのこだわりが次第に重荷となり,自由な発想でいけるナローゲージに関心が移りました.
DSC02299.JPG
 現在,ナローゲージモデリングはHO-9mmとO-16.5mmで継続していますが,メインは車輛の自作に都合が良いOナロー(O-16.5mm)です.この写真の右側は一昨年にプラバンで製作した静岡鉄道駿遠線のキハC3です.軽便模型祭で頒布されたHOのエッチング板の図面をもとに1/48に拡大してつくりました.今までに製作した中でも数少ない日本型軽便のプロトタイプに基づくモデルです.子供のときに2軸の展望客車で夢想した世界がようやくモデルとして完成したわけです.それも同じOスケールで!
 ナローゲージに関してはホームページを持っていますが,元のプロバイダーのサーバーが閉鎖されたため予備サイトhttp://www.geocities.jp/karatcreek/が残してあります.新しくサイトを再構築する予定ですが,ブログ形式のほうがメンテがしやすいので,当面はこちらでナローゲージモデリングを綴っていきたいと思います.
O-16.5mm (On30, O16.5) ブログトップ