So-net無料ブログ作成
O-16.5mm (On30, O16.5) ブログトップ
前の10件 | -

新たな土地?に小屋が三つ建ちました [O-16.5mm (On30, O16.5)]

P4230056m.JPGP4230056m
P4230070m.JPG P4230070m
手をいれている可搬レイアウトの右側部分ですが,機関庫の向こう側の土地が開拓され,小屋が建ちました.
DSCF7564m.JPG DSCF7564m
4年ほど前からこの部分は隆起した緑地にしていました.この盛り上がりが収納に影響することもあって手前部分は平地にして,取り外しできるストラクチャーを置くことにしたわけです.
DSCF7568m.JPG DSCF7568m
発泡スチロールを敷いて隆起させた手前の緑地をそぎ落としました.
DSCF7566m2.JPG DSCF7566m2
剥がした部分にプラスターを塗って整地します.剥がした草はまた使えるので無駄にはしません.
P4150006m.JPG P4150006m
整地された部分は建物が建つまでは駐車場です(笑)
P4180019m.JPG P4180019m
この部分に新たに建てる三つのストラクチャーの土台です.1センチ方眼なのでサイズがわかると思います.
P4190025m.JPG P4190025m
まず,こちらは作業小屋.扉は開けた状態にします.壁面はEvergreenの筋入り(V-groove)プラシート,窓はケント紙,屋根はドラフティングテープを使いました.左手前の床はボール紙で建物に固定,右側手前の土台は周囲をプラ棒でかさ上げしたものでレイアウトに固定します.
P4210038m.JPG P4210038m
塗装前の状態です.
P4210049m.JPG P4210049m
塗装を終えた状態.壁面はガルグレーを吹き付けてから手塗しています.屋根はウェザリングパウダーで変化をつけています.何の作業小屋でしょう.
P4200032m.JPG P4200032m
こちらは物置,壁面は波板とし,EvergreenのMetal Sidingを使いました.
P4210047m.JPG P4210047m
塗装を終えた状態です.ガルグレーを下地吹き付けし,木製扉はライトグリーンを手塗,ウェザリングをほどこしました.
P4200029m.JPG P4200029m
残る一つはOuthouse,屋外便所です.プラ板を使わずバルサシートを使いました.
P4200030m.JPG P4200030m
1ミリ厚のバルサシートは割れやすいのですが,このような貼り付けには問題ありません.
P4210046m.JPG P4210046m
バルサは墨汁を垂らしたアルコール溶液でウェザリングしました.
P4210044m.JPG P4210044m
こうして三つのストラクチャーが出来上がりました.
P4230062m.JPG P4230062m
空地に設置しました.2ミリのねじを落とし込んで固定するだけで,取り外しできます.
P4230058m.JPG P4230058m
作業小屋の扉が開いていますので,机,いす,棚を置いてみました.
P4230066m.JPG P4230066m
中央のパネルから見た情景です.
P4230068m.JPG P4230068m
機関庫脇から見た情景です.
レイアウトをつくるとき,全体の情景が決まらないと完成しないものですが,一度緑地にして仕上げておいて後から開墾するというのも面白い楽しみ方だと思います.

nice!(0)  コメント(0) 

窯小屋(Kiln Hut) [O-16.5mm (On30, O16.5)]

窯小屋(Kiln Hut)
P4150013m.JPG P4150013m
左の赤い屋根の建物ですが,絵付けなどを行う陶器工場だということです.だとするとやはり窯(炉)が必要だろうということで急遽右側に置いたのが窯小屋です.
P4150016m.JPG P4150016m
中に小さな炉が収まっているというつもりです.製作の手順をまとめました.
P4140002m.JPG P4140002m
3ミリ厚の発泡スチレンシートです.石作りということで,それらしい刻みをフリーハンドで入れます.
P4150007m.JPG P4150007m
床板を入れて箱組にして,表面が石らしくなるように,刻みを入れます.さらに凸凹がほしいので流し込みタイプのプラ接着剤を部分的に少量筆塗して溶かしました.
P4150008m.JPG P4150008m
サーフェーサーを吹きます.
P4150009m.JPG P4150009m
タミヤの水性アクリル溶剤に墨汁をたらしたBlack Washを筆塗して溝を強調します.
P4150010m.JPG P4150010m
パステルを使って石の色に変化をつけます.様々な使い方がありますが,ここでは直接擦りつけては水性アクリル溶剤でなじませました.
P4150011m.JPG P4150011m
建物右下部には通風口を適当にあしらって付けました.屋根は1ミリ厚発泡スチレンシートの表面にそれらしく筋目を入れ,塗装したもので,工作用紙の上に貼っています.煙突はプラキットの余剰パーツを利用しました.扉はバルサシートでつくりました.
P4150015m.JPG P4150015m
小品なので手早く完成させることができました.
”最近は陶器用の小さな炉が出回っているようなので,なんとか収まるでしょう.でもひょっとしたら酒のつまみの燻製をつくるだけになるかもしれません!”
P4150014m.JPG P4150014m
早速工場の脇に設置しました.燃料の薪も用意しました.


nice!(2)  コメント(0) 

小さなワークカー Rail Woody [O-16.5mm (On30, O16.5)]

DSCF7547m.JPG DSCF7547m
小さな作業車をつくりました.どこかで見たようなかたちかもしれません.
P3100469m.JPG P3100469m
そうです,アルモデルのレールトラックが土台です.前萎みのキャブの形が好ましいですが,シンプルなつくりなので少しいじってみたくなります.
P3140493m.JPG P3140493m
5,6年ほど仮組の状態で放置してありましたが,機械室とキャブを5ミリほどかさ上げして仕上げることにしました.
DSCF7548m.JPG DSCF7548m
さて,これは以前につくったものでHO-9㎜の同じくアルモデル・レールトラックを加工したものです.
実物には木造車体に鉄板を貼ったニセスチール車というのがありますが,これはブラスボディーにプラ板を貼り付けた“ニセプラ車”というわけです(笑).Oナローの方もこのプラ貼り工法で進めました.
P3290705m.JPG P3290705m
機械室とキャブは5ミリかさ上げでプラ板を貼り,カーブした屋根をつくります.荷室はプラ枠組みで新たに作りました.
DSCF7513m.JPG DSCF7513m
ラジエータの部分はくり抜いて網板をいれてからアルモデルのスペアパーツをカバーに利用,ヘッドライトのブラケットには配線用端子板をつかいました.ヘッドライトはエコーモデルの挽物です.
DSCF7516m.JPG DSCF7516m
仮組の状態です.
DSCF7521m.JPG DSCF7521m
分解して塗装に入ります.荷室の羽目板は別の色にしたかったので,ここには写っていませんが別の板片を後からはめ込んでいます.
DSCF7546m.JPG DSCF7546m
キャブは赤,荷室フレームはウッドブラウン,羽目板はタン,屋根はスエード調ダークグレーの調色缶で吹きました.光沢の強い赤を使ったので艶消しクリアーを全体にかけています.床下は簡単にトビカ黒染めスプレーで済ませ,カウキャッチャーはガルグレーです.
DSCF7543m.JPG DSCF7543m
DSCF7545m.JPG DSCF7545m
軽くウェザリングをして完成です.木枠模様のワゴン車の呼び名に因んでレールウッディーと称し28番が与えられました.
キャブはブラスにプラ板を貼って木板張りを表現するという,なんとも不思議な工法です(笑).


nice!(1)  コメント(0) 

組み立て式レイアウトをスーツケース一つに収める [O-16.5mm (On30, O16.5)]

 最近のイベントに出展しているのはパネルを組み合わせたトラック・モジュール・レイアウトです. A2-3枚からなる基本構成は2013年のJAMコンベンションに持ち込んだのが最初ですが,その時はストラクチャー類を固定し,A2パネル3枚を厚さ25センチの箱組にしてカートで運びました.翌年の2014年はスーツケースに入れるため,高さを22.5センチに圧縮しました.その後はパネルをさらに追加したため,パネルだけをスーツケースに収納し,ストラクチャー類ははずして別のケースに収納して設営時にパネルに配置する仕様にしました.
P3230601m.JPG P3230601m
 今年2018年の春に開催された池袋の鉄道模型芸術祭ではA2-3枚を中心とするほぼ90x120㎝の基本構成に戻り,ストラクチャー類は取り外し別収納とするもののシーナリーは据え置き型と変わらない実感的なものにすべく,一部を作り替えてNarrow Gauge Junctionのブースで出展しました.車輛から電源に至る出展物はすべてスーツケース一つにまとめ,電車で運びました.新しく作った機関庫や給水塔などのストラクチャーについては述べてきたのでここでは収納の過程をまとめておきます.イベントを終えてスーツケースにまとめた持ち帰ったものを自宅で開封して復元する過程をたどります.
P3260663m.JPG  P3260663m
スーツケースは82Lモデルです.ちょうどA2判が収まる大きさです.
P3260664m.JPG  P3260664m
開けて左側がパネル,右側がストラクチャー.車輛,電源関係です.
P3260665m.JPG  P3260664m
右側はプラケース4つ,紙箱1つとバラの電源,配線類です.
P3260675m.JPG  P3260675m
ストラクチャー類はひとつの紙箱に収めました.小さな建物は大きなものの中に入れています,樹木なども収めています.
P3260676m.JPG  P3260676m
取り出して並べた状態です.
P3260677m.JPG  P3260677m
元の形にまとめました.
P3260673m.JPG  P3260673m
プラケースの一つは工具や接続端子類で,残り三つに車輛,アクセサリー,人形類を収めています.
P3260666m.JPGP3260666m
スーツケース左側に入れたパネル類は一つずつ袋に入れています.
P3260667m.JPG  P3260667m
梱包を解いたパネルです.A2-3枚と補助パネル4枚です.草地以外にポイントレバーなどがついたままですが,重ねても大丈夫です.
P3260679m.JPG  P3260679m
パネルを接続した状態です,手前右の一枚は自室では車両展示台で90x120センチの卓上では使いません.
P3260680m.JPG  P3260680m
中央のパネルです.これからストラクチャーを取り付けます.
P3260683m.JPG  P3260683m
ジャンク類はひとまとめになっていて,レイアウトには載せるだけです.
P3260684m.JPG  P3260684m
電柱,樹木,アクセサリー,人形を配置して元通りになりました.
P3260687m.JPG  P3260687m
90x120センチの卓上ではこの大きさで手一杯で,スーツケース一つに収められる限界です.
拡張パネルもあるので展示用にさらに手を入れていく予定ですが,その折には手荷物が増えそうです.
手荷物としてイベント会場の持ち込む際の参考になれば幸いです.
レイアウト自体についてはあらためて述べたいとおもいます.


nice!(0)  コメント(0) 

屋外灯をつくる [O-16.5mm (On30, O16.5)]

P3210576m.JPG P3210576m
手軽なLEDをそのまま利用して柱や壁についている笠付電灯をつくりました.
DSC_0077m.JPG DSC_0077m
最近はめっきり見る機会がなくなったS字首のこのタイプです.たまたま数日前に拝観したお寺(建仁寺)の渡り廊下のところにありました.
P3150495m.JPG P3150495m
模型用の笠付電灯で重宝したのが中央のWalthersの製品で12V給電です.HO用ですがOとして活用してきました.左はGRSのHO製品で1.5V用です.
そして右側が今回製作したLEDを使った電灯です.今回は工場と機関庫に取り付けるのですが,電源は簡易な電池による3V給電とし,消費電力の少ないLEDを利用します.LEDは径3ミリのものが手軽で,電灯色,抵抗入りで直接3Vがかけられるものを使うことにしました.
P3130474m.JPG P3130474m
電灯の笠をどうするか考えたあげく,ビーズ用アクセサリショップの貴和製作所で直径10ミリのちょうど良いものを見つけることができました.電球側は平らですが,良い形をしています.ボタンを扱う店に行けばもっといい形のものが見つかるかもしれません.
P3140477m.JPG P3140477m
3ミリの孔を貫通一歩手前まで開け,笠側を黒で塗装後,緑を吹き付けました.そしてLED(3ミリ径,電灯色抵抗入り)を押し込みます.LEDのプラス側はS字に曲げた後ビニールチューブを入れます.壁に差し込む形に整えれば完成です.
P3210571m.JPG P3210571m
電源は単3二本用のスイッチ付ボックスを使いました.コードの先は室内用のLEDをつけてあります.
機関庫の内部に置く電池ボックスは戸棚に見えるように表面を加工しました.
P3210578m.JPG P3210578m
機関庫内部です,差し込まれた屋外灯は小さなソケットで接続します.
P3140489m.JPG P3140489m
工場の照明も同様で,室内灯と屋外灯があります.
P3210567m.JPG P3210567m
屋外灯が点灯しました.
P3210566m.JPGP3210566m
機関庫の内部にも照明があります.
P3210573m.JPG P3210566m
P3210574m.JPG P3210574m
夕暮れ時の雰囲気が楽しめます.

nice!(0)  コメント(0) 

3連遊覧モーターカー [O-16.5mm (On30, O16.5)]

P3090466m.JPG P3090466m
アルモデルから発売されている北陸重機タイプモーターカーは立山砂防軌道で活躍するモーターカーがプロトタイプです.動力にパワートラックを使い,組みやすい設計になっています.最近は低速走行が安定しないパワートラックを使った動力車はつくっていないのですが,これを手にしたとき思い浮かんだのがテーマパークにありそうな遊覧列車でした.これならかなりのスピードでビュンビュン飛ばしても面白いのではないかと思えました.それにもう一つ,丸いヘッドライトの下に四角い蓋があるのですが,模型では丸いライトの部分は穴がなく,蓋がつくはずの四角い開口部を眺めているうちに近代型の四角いヘッドライトがふさわしいように見えてくるのでした.
P2180408m.JPG P2180408m
まず双方向に走れるように2台を対向につないでみましたが,これでは編成としては短すぎます.そこで中間車を入れた3両編成とすることにしましたが,中間車の製作にとりかかるまで5年以上放置してありました.
P2200411m.JPG P2200411m
これは中間車をつくって3両編成にしたときのテスト走行の風景です.片方の先頭車にだけパワートラックを使い,もう一つの先頭車はピボット軸受を入れて,中間車同様トレーラーにしたのですが,どうも走行が安定しません.そこで先頭車は双方ともパワートラックを入れました.中間車はアルモデルの南筑客車の軸受を外側に貼る形にしてみたのですが,どうも外側に出すぎてしまい,先頭車との下回りのバランスが悪いので,エコーモデルの客車用軸受に変えました.
P2240412m.JPG P2240412m
これがプラバンでつくった中間車で,先頭車とマッチングが取れるデザインにしています.
P2240413m.JPG P2240413m
端面にはキットで余った窓枠を使ってみました.車輪は米国型のHO用9.5ミリ径ピボットで,挽物のピボット軸受をキャスティングにいれています.
P2240416m.JPG P2240416m
塗装前の編成です.
P3090449m.JPG P3090449m
そしてこれが完成した編成ですが,塗装が大変でした.今回はじめて水性アクリル塗料のエアブラシを試してみることにしたのです.最近の海外の雑誌を見ているとアマチュアはほとんど水性アクリルを使っているようにも見えます.そこで選んだのはタミヤのフラットブルーXF8と明灰白色XF12の2色です.エアブラシの調合ですが,水性アクリル塗料は希薄しなくても良いそうなので,乾燥時間を長引かせないためにそのまま使ってみました.
プラ板の中間車の吹き付けは問題ないのですが,毎回苦労するのが真鍮車輛です.車体は十分洗浄し,プライマーとしてミッチャクロンの缶スプレーを使用.そして明灰白色をエアブラシ,マスキングをしてフラットブルーのエアブラシという段取りで塗装しました.フラット水性アクリル塗料の特徴なのか艶消しが効きすぎています.そして最悪なことに爪を立てるだけで簡単に剥げてしまいました.水性塗料としての下地処理がまだ甘かったようで,随所に筆によるタッチアップを施しました.そのあとゴムサッシの黒入れをしました,黒入れは油性マーカーのマッキーが使いやすいようです.
作業をしているうちにさらに角の塗装が剥げてきてタッチアップを繰り返す有様です.艶消しもききすぎているので,最後に缶スプレーの半光沢トップコートを吹き付けて保護することにしました.こんなことなら艶ありで塗装した後,艶消しトップコートをかけたほうが良かったのかもしれません.
結果としては随所に補修塗装を施すことになり,すっきりとした仕上がりにはなりませんでした.さらに縁が剥げてくるようなら早々にウェザリングを施す予定です.窓ガラスを貼った後はヘッドライトを入れて完成としました.
P3090458m.JPG P3090458m
パワートラックはアルモデルのものを使いました.
P3090461m.JPG P3090461m
点検口の四角いところをヘッドライトにしました.
P3090451m.JPG P3090451m
ワンボックス軽自動車ぐらいの小さな車体です.
P3090463m.JPG P3090463m
遊覧モーターカーとして蒸機列車がお休みのときの観光客向けに活躍してもらう予定です.
P3090464m.JPG P3090464m
簡単な内装を施し人形を載せた方がいいかもしれません.


nice!(0)  コメント(0) 

コッペルのナローゲージ蒸機 [O-16.5mm (On30, O16.5)]

 コッペル(Orenstein & Koppel)の小型蒸機は日本の多くの軽便鉄道に導入され,そのスリムで端正な造形からかナローゲージ模型では最も人気のある機種になっています.蒸機にはそれほどこだわってこなかったのですが,手持ちの模型を集めてみると,何台かありました.
 
【O-16.5mm】
P2100359m.JPG P2100359m
完成している2機を並べてみました.
P2100350m.JPG P2100350m
右はオレンジカンパニーの西大寺鉄道コッペル7号30HP機.特徴あるラッキョウ型煙突は当社の車輛限界の関係で上部がありません(笑).本格的なブラスの蒸機キットに初めて取り組んだ作品ですが,設計がよく,特別な苦労なく組めました.ただし窓枠がまだついていません.
左はトーマモデルワークスの7トン30HP機です.同じく西大寺の4-5号機がプロトタイプということです.組みやすい設計でした.この2輌がOナローで完成しているもので,どちらも快調に走ります.
P2100354m.JPG P2100354m
トーマモデルワークスは人気のあるコッペルをいくつかリリースしており,手に入れましたがまだ途中までしかつくっていません.
右のプラケースにいれてキットは5トン15HPボトムタンクで安濃鉄道の1-3号機がプロトタイプ.
中央にあるには4トン10HP Cタンクで,秋田営林署にあったものが元になっており,キットは自分でディテールアップする簡易仕様になっています.スケールは1/45です.
そして左側は4トン10HP BタンクでCタンクと同様スケールは1/45.庵原軌道,城南軌道で使われたものを元にしているとのことです.こちらはディテールの細かいキットで開放型のキャブやバックヘッドのオプションパーツも揃えました.
 
トン数が代わればサイズも変わるので細かいことは気にしませんが,1/45にした方が1/43ミニカーや大き目につくられるシーナリーアクセサリと混在させやすく,1/43.5のクリッターまで同居している当方としてはありがたいスケールです.
 
この3台がまだ完成していない理由.キットはどっかいじってみたくなるのですが,コッペルは原型が美しく下手に改造を加えるわけにはいかず,かといってディテールアップするほど実物に詳しくないのでつい後回しになってしまいます.ただし中央のCコッペルはカスタム仕様!にするつもりです.
 
これらの原型コッペルから大きく離れているのが次の1台です.
P2100351m.JPG P2100351m
コッペルのマレー機で,インサイドフレームとアウトサイドフレームが同時に楽しめる模型映えする一台です.ヨーロッパに残っているものとはかなり印象が違いアメリカナイズされています.中米の鉱山で活躍していた2ftゲージ機でコロラドのCripple Creek & Victor Narrow Gauge Railroadで動態保存されています.実物写真はこちらです.
img115m.jpg img115m
TMS1998年5月号(640)に訪問記を掲載しています. 
img114m.jpg img114m
1989年に訪れた時,それほど関心がなかったので下回りをちゃんと観察していません.
P2100353m.JPG P2100353m
キットはBackwoods Miniatureのもので組み立ててから10年以上たっていますが,あと,一歩で完成という段階で止まっています.車輪は外せない構造なので,塗装をどうするか考えているうちにそのままになってしまいました.ヘッドライトなどの未取り付けの部品があるのですが,説明書とともにどこかにしまったきり,見つからないのが放置の原因で,なんとかしなければなりません(笑).しかし走行は問題なく,250Rのカーブを通過できるので時折,レイアウトで走らせて楽しんでいます.
 
この機関車を見るたびに,コッペルも思いっきりイメージチェンジさせていいのだという思いに至ります.
 
【HO-9mm】
P2100358m.JPG P2100358m
さて,こちらは乗工社の初期の製品で浜松鉄道5-6号機がプロトタイプのBタンク.これが発売されたときはかなり話題になっていましたが,当時の自分はあまり蒸機に関心がなく,また組み上げる自信もなく手にしませんでした.ずっとあとに別々の知人から偶然に譲り受けることになり組立てました.弁装置は可動しませんが,それらしいものがロストでついているという設計がいいと思います.
P2100357m.JPG P2100357m
1台はキャラメルモーターのまま,もう1台は新しいカンモーターに換装しました.
P2100356m.JPG P2100356m
その後今野さんのガレージキットとして30HP機が頒布されました.手に入れたままストック状態です.
人気のコッペルは他にも多くのHOキットがリリースされていますが,持っているのはこれだけです.
 
が,しかし,ちょっと待ってください.
P2100355m.JPG P2100355m
エガーバーンの定番であった2号機はミニトレインズからコッペルとして発売されているのです.
銘板にちゃんとOrenstein & Koppelと書かれています.
 
そしてこのデザインは今野さんのガレージキットやさらにそれをベースにしたアルモデルのフェルトバーンSLにも反映しているのです.まわりにはプロトタイプに関して厳格な人が多いので,これをコッペルなどと呼ぶと叱られそうです.しかし,フリーランスモデラーとしては何かに似ているということでプロトタイプの名を語り,何々風というのはいいと思います.ただし,昨今は商標権が厳しいのでOrenstein & Koppelの商標を引き継いでいる企業に使用許諾を申請する必要があるかもしれませんね!


nice!(0)  コメント(0) 

給水塔と石炭置き場をつくる [O-16.5mm (On30, O16.5)]

A2パネルの組み合わせレイアウトの機関庫脇に設置する給水塔と石炭置き場をつくりました.
P2080341m.JPG  P2080341m
給水塔は木製の櫓の上に円筒の金属タンクという構成です.
P2070330m.JPG  P2070330m
タンクの直径は4センチ,トイレットペーパーの芯に0.2ミリプラ板を巻きつけました.
P2080333m.JPG  P2080333m
プラ棒で櫓を組んでいます.右上はトイレットペーパーの芯.栓はプラの部品があったので利用しました.
P2080334m.JPG  P2080334m
タンクの蓋はプラ板による木製
P2080336m.JPG  P2080336m
塗装完了.ホースは電気絶縁用の収縮チューブですが,形を抑えるために中に真鍮線を入れています.
P2050326m.JPG  P2050326m
プラ板のあまりで石炭置き場の枠をつくりました.
P2080344m.JPG  P2080344m
石炭は発泡スチロールの破片の上にバラスト材を固着して表現しました.
P2080347m.JPG  P2080347m
給水塔と石炭置き場をレイアウトに設置しました.
P2080348m.JPG  P2080348m
工場のまわりを引き続き補修中です.


nice!(0)  コメント(0) 

張りぼて工法による小さな木造機関庫 [O-16.5mm (On30, O16.5)]

P1300307m.JPGP1300307m
P1300300m.JPG P1300300m
古びた感じの,Bタンクがやっと収まるぐらいの小さな木造機関庫をつくりました.今回は工作用段ボール紙のモックアップに壁素材を貼り付けていく“張りぼて工法”でつくることにしました.
P1210224m.JPG P1210224m
これが工作用ダンボール紙の土台です.1㎝方眼なので寸法がはっきりわかります.(後で述べるように3ミリ屋根をかさ上げする変更がありますので,寸法の参考にされる場合は上端を3ミリ上げてください.)窓枠はケント紙で作ることも多いのですが,ここではグラントラインのOスケールの窓枠アソートセットに中に一枚ずつ入っていた外枠がない横スライドにも使えるものを拾い出しました.ボール紙の内側に貼りますので,窓の部分は正確に切り抜いておきます.
P1210227m.JPG P1210227m
角は5ミリと3ミリのプラ角棒で補強します.
P1210229m.JPG P1210229m
両側の扉枠ですが,ここに蝶番をつけるので,タミヤの5ミリL字材を使いました.
P1210230m.JPG P1210230m
扉は可動で180度開く蝶番式にしたいと考えましたが,しっかりした蝶番をつくるのは結構大変そうです.そこで東急ハンズで見つけた小箱用の蝶番(長さ14ミリ)をニッパーで上下に分けて使うことにしました.
P1220233m.JPG P1220233m
扉は筋目入り1ミリプラ板を両側で張り合わせ,帯板をつけました.蝶番は0.7ミリ径のTピン(アクセサリー材料店で扱っている虫ピンをなましたようなもの)で固定し,瞬間接着剤を垂らしておきます.扉のはめ込みは,扉側の蝶番に0.8ミリ線を入れて接着し,枠側の蝶番に落とし込む仕組みで,すぐに取り外しできる構造です.
P1220248m.JPG P1220248m
下地塗装をして,扉の開閉を確かめます.しかしここでミスが発覚しました.屋根が低くて破風板をつけると開いた扉にあたりそうです.そこで屋根の角材の縁にさらに3ミリの角材を当てて少し高くしました.
P1260259m.JPG P1220259m
屋根の縁にのった白い角材が3ミリ屋根をかさ上げした部分です.壁面は縦板目としました.使ったのは0.5ミリ厚プラ板で,Pカッターを使い大体4ミリ間隔で筋をいれますが,現物合わせでプラ板の破片を適当な大きさで切り出して埋めていく要領です.板の幅は両端寸法の調整もあるので不揃いです.土台部分は5ミリほど板を張らずに残します.木目は粗いサンドペーパーをかけ,所々傷んだ感じに仕上げます.窓枠は別に切り出します.窓下部は2ミリ角です.
P1260260m.JPG P1260260m
屋根裏は角材で破風板,隠し板を組み,紙の差し込みガイドをつけておきます.
P1260262m.JPG P1260262m
縦板を張り終えたところです.このあと壁面には調色スプレーの薄いグレー(ガルグレーを使用)を吹き,そのあと,部分的にウッドブラウンを吹いて木調の仕上げに入ります.
P1290292m.JPG P1290292m
仕上げはパステルの粉を使いました.茶色,グレー,黄土色など複数色を用意し,粉にしたものをアクリル塗料用溶剤(タミヤX20A)や水で溶いて塗っていきます.粉のまま擦りつけても違った効果がでます.市販のウェザリングパウダーやアクリル塗料も併用できます.毎度試行錯誤しています.
P1290294m.JPG P1290294m
ひととおり木材らしくなったら,アクリル塗料用溶剤(タミヤX20A)に墨汁をたらした黒汚し溶液を塗って筋目を強調します.
P1290299m.JPG P1290299m
屋根は波板張りとしました.ピッチ幅1.6ミリのフォーム成型板(Plastruct  PS47)を使いましたが,特にピッチ幅にこだわったわけではなく,ありあわせです.グレーを吹いた後,ウェザリングパウダーの擦りこみで錆びた感じに仕上げます.
P1300302m.JPG P1300302m
P1300306m.JPG P1300306m
ちょっと汚しすぎかもしれませんが,完成しました.
P1300308m.JPG P1300308m
A2パネルの組み合わせレイアウトに設置しました.レイアウトは運搬するので,建物は固定せずに,下枠の5ミリ角材に2ミリの孔をあけ,そこにビスを落とし込んで設置しています.
P1300305m.JPG P1300305m
さて,これは今まで配置されていたモルタル壁の機関庫でプラ板製です.これも気に入っている作品で,扉は上下端にとりつけたピンで開閉します.この作品は別に使うことにしましたので,このシーンは古びた建物に置き換わり,時代を逆行してしまいました(笑).


nice!(0)  コメント(0) 

小さなロッド式内燃機 [O-16.5mm (On30, O16.5)]

久しぶりにOナローの機関車についてです.
DSCF7403m.JPG  DSCF7403m
軽便鉄道模型祭に出展しているクリッターズクラブにここ数年参加していますが, 2017年のお題は“蒸機以外のロッド式動力車”でした.アルモデルの軸距15ミリ動力“アルパワーHO-15”,そしてそれに使うためのロッドセットを手に入れてからそのままになっていましたが,このお題をきっかけに2台の内燃機をまとめました.26号と27号です.
ICL26.jpg 
ICL27.jpg 
▲今回の車輛は現物あわせの設計で,あとから図面にしました.
*****
【26号】
DSCF7349m.JPG DSCF7349m
▲一台目の26号は後部を開放にしたタイプです.機械室の部分は,以前に製作しながら設計変更で使わなかったものを切り詰めて流用しました.多くは現物あわせの製作ですが,そこで役立った便利なもの,それはWAVEから出ている方眼目盛り付きのグレーのプラ板です.
DSCF7373m.JPG DSCF7373m
▲印刷された目盛は歪みが多少ありますが,小さな一品物を切り出すのに大変便利です.残った形のいびつな破片からも切り出しが簡単にできます.
DSCF7380m.JPG DSCF7380m
▲機械室は自作部品の残骸を活用,経年で変色していました. 
DSCF7382m.JPG DSCF7382m
▲キャブ内が見えるのでそれらしくモータ部にカバーをし,運転席らしいものを付けました.人形はグラントラインのプリムス用ドライバーです.車体は青大将グリーン,下まわりは赤を塗装して仕上げました. 
DSCF7400m.JPG DSCF7400m
DSCF7402m.JPG DSCF7402m
*****
【27号】
二台目の27号は廃車にして余剰になっていた蒸機のキャブを利用することにしました.
R0012073m.JPG R0012073m
▲これはDapol(Hornby)のパグ(左)をOナローに改造したときのもの(右)ですが,その後,上回りを作り直したのでキャブだけ残して廃車となっていました.
DSCF7378m.JPG DSCF7378m
▲これを使って機械室と台枠を新しく製作しました. 
DSCF7383m.JPG DSCF7383m
▲塗装が終わったところ
DSCF7399m.JPG DSCF7399m
DSCF7398m.JPG DSCF7398m
▲キャブは赤色で軽くウェザリングされていたままにしたので,新調した機械室の赤が少し明るい色になっています.下回りはオレンジ色にして27号となりました.
DSCF7396m.JPG DSCF7396m
▲車輪の輪芯については,26号機の方はメタルのスポーク輪ですが,28号の方は車輪径を変えた蒸機のお下がりで,アウトサイドフレーム用のカウンターウェイトを埋め込んだものを使用しています.またそれぞれ前照灯に3ミリ径のLEDを装着しています.走らせても楽しい愉快な機関車となりました.


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - O-16.5mm (On30, O16.5) ブログトップ