So-net無料ブログ作成

国際鉄道模型コンベンション Narrow Gauge Junctionの出展 [鉄道模型その他]

8月18日から三日間開催された恒例の国際鉄道模型コンベンション(通称JAM)ですが,今回もNarrow Gauge Junction(NGJ)として出展しました.NGJの展示は個別作品が中心です.主な作品はマイクロレイアウトとなるため,例年コの字型に配列展示しています.持ち寄り作品もあるため毎日少しずる展示内容がかわります.

DSCF7278m_chuoL.JPG

こちらは中央部分,今年の車輛作品のテーマは「箱モノ気動車・電車集合!」です.最近トミーテックから1/80ナローゲージの猫屋線シリーズが発売されたこともあり,このテーマとなりました.1/87の作品も多数集まりましたが,日々の入れ替わりがあり,まとまった写真がないので,ここではレイアウト作品,その中でも新作を中心に紹介します.

DSCF7280m_R.JPG

まず右ウィングから.右側は谷川さんの作品群.右端にあるのはメカ的な制御,その隣はマイコン制御,とそれぞれに趣向を変えて運行に仕掛けを盛り込んだ作品です.奥には地鉄宮下さんの意外なアメリカンナロージオラマや小ループをまわる土口木寸(ねこ)さんの完全手作り箱型機関車(未塗装)が見えます.

DSCF7293m_rivet&bukijin.JPG

こちらは”不器用な淳”さん(右)とリベットおじさん(左奥のタワー型)らのマイクロな作品群です.飲み屋でも走らせられるサイズと可搬性を実現しています.

DSCF7264m_HOn3.JPG

中央右の一角を占めるのはHOn3のアメリカンナローの世界,木曽モジュールを中心に活躍するU太さんの橋梁セクションとそれを囲む位置に置かれたKさんのアメリカンOナロー作品の展示台です.

DSCF7308m_yuta.JPG

U太さんのHOn3レイアウトはエンドレスループを構成しており,この右側の部分と左側の部分が新たにシーナリーセクションとして加わりました.発泡スチロールボードをベースに極力軽量化された分割式レイアウトです.

DSCF7277m_hidari.JPG

こちらは左ウィング部分でマイクロレイアウトが並びます.手前クレーンのある超小型運転盤とともに並ぶのは日出生交通さんのHO-6.5ミリレイアウト,超低速で平面交差のある線路をシャトル運転します.その奥に並ぶのは小型内燃機をスクラッチで製作されているozuさんのOスケールの運転盤でゲージは12.7ミリ,10.5ミリなどに対応しています.

DSCF7267m_imai.JPG

こちらは桜山軽便さんの新作Oスケールループ線.枯れた情景を見事に演出されています.

DSCF7303m_kaban.JPG

こちらは最終日に持ち込まれた栂森鉄道さんの連作になるカバン線の新作で,工具箱にすっぽり収まります.見慣れた線路配置ですが,見事な作りこみです.

DSCF7268m_akinor.JPG

akinoriさんの新作はウッドデッキテラスを中心としたループ線.デッキはプラ製で,小品としての仕上げがきれいです.

DSCF7261m_kuma.JPG

真鍮キットを精力的に仕上がているkumaさんは父親との合作で屋久島をイメージした作品.特に樹木が実感的です.

DSCF7291m_nkshuttle2.JPG

最後に自分の作品を2点.これは例年スーツケースに収めて搬入しているOナローのトラックモジュールのシリーズ.今年はなべトロの転倒動作をS字の自動往復運転で実現しました.鉱石の積み下ろしまでは自動化できていませんが,なべトロ6輌編成が荷下ろしする動作は終日支障もなく実行できました.

DSCF7289m_nkSn.JPG

こちらは最近始めたS-9ミリの運転盤です.シーナリー以外は載せるだけですので,時折HO-9ミリの運転盤として活用しました.A2判2枚からなるベースよりも手前にグラスマットがせり出る前垂れ式にして,写真撮影にも使える台にしてみました.


全部は網羅できていませんがこれがひととおりのレイアウト関連の展示作品の紹介です.

ナローゲージャーの多くは10月1日に開催予定の軽便鉄道模型祭に向けて準備中です.このJAMでの展示は,一般の方々や標準ゲージャーにナローの魅力を知ってもらおうという意図で企画していますので,ここでは紹介していない人気の高い旧作もたくさん展示されました.その役割は果たせたのではないかと思います.





nice!(0)  コメント(0) 

ウェールズ・ナローゲージ探訪(1)旅の概要 [鉄道巡り]

イギリスのウェールズにあるナローゲージ鉄道を回ってきました.海外の鉄道といえば今まで仕事や家族旅行のついででしたが,今回はじめて鉄道探訪だけのために出かけてきました.アメリカは滞在経験があるものの,イギリスは今まで空港を経由しただけで一度も訪ねたことはありません.ネットの旅行サイトを使って12日間の一人旅行を計画しました.移動手段として鉄道とバスを利用することにしました.

ナローゲージの保存鉄道が数多くあるイギリスですが,ウェールズでは11か所の鉄道がThe Great Little Trains of Walesという共同キャンペーンを張っています.夏場はほぼ毎日運行しているので旅行者には好都合です.

そこでこれらの鉄道を巡ることにしました.Wikiのサイトもあるので鉄道の概要や歴史も調べておくことができます.以下に示すのはキャンペーン冊子の地図を利用して訪れたところ,10か所をハイライトしたものです.

wales trip map.jpg

ウェールズ地方の標識は英語とウェールズ語の併記になっています.地名も読みにくいものがあるので,なるべく原語表記としました.

【初日】

朝の羽田発直行便で現地時間昼前にHeathrow空港に到着しました.Euston駅からWalesのBangor(バンガー)までVirgin Trainsの列車で3時間と少しかかります.Bangorに着いたのは7時過ぎで,十分明るい時間でしたが,駅業務はとっくに終了しており,降りた客が散っていくと,駅前に独り取り残されました.なんとかバス停を探し当てて,古城が有名な港町のCaernarfon(カーナーヴォン)へ向かいました.ここで2泊します.

【2日目】

朝からあいにくの雨です.Llanberis(スランベリス)行きのバスにのり9時前に到着.イギリス唯一のラック式鉄道Snowdon Mountain Railway (SMR, 800mm, 7km)を訪れると天候不順で途中までしか運行していない様子です.

DSCF6988m.JPG

切符を買って乗り込んだものの出発直前に全面運休となり,本日は回復の見込みはないとのこと.ちょっと先行きが心配なスタートとなりました.

DSC03474m.JPG

道路を隔てた反対側の湖にそってLlanberis Lake Railway (LLR, 597mm, 4km)が走っています.気を取り直してそちらに向かいました.また,ここの切符売り場でThe Great Little Trains of Walesを巡るための割引カードを購入しました.£10しますが加盟路線の乗車券は20%割引となります.

DSC03465m.JPG

DSC03518m.JPG

この辺りにはスレート鉱山の遺構が残されており,National Slate Museumが設置されていました.さらに博物館にはLLRの修理庫も併設されており,雨にもかかわらず充実した内容を楽しむことができました.

DSC03591m.JPG

夕方は世界遺産にも登録されているCaernarfonのお城を見学しました.

【3日目】

Llanberisの町はずれからWelsh Highland Railway (WHR, 597mm, 41.4km)にのってPorthmadog(ポースマドッグ)に移動しました.

DSC03658m.JPG

訪問鉄道で移動手段になったのはここだけです.

DSC03779m.JPG

お昼につくと港のホームの向かい側にFfestiniog Railway(FR)の列車が待機しています.午後はこれにのって往復しました.この日からは隣町のTremadog(トレマドグ)に2泊します.

【4日目】

宿と港の中間地点にローカル線のPorthmadog駅があり,その脇から出発するのがWelsh Highland Heritage Railway (WHHR, 597mm, 1.6km)です.

DSC03854m.JPG

WHRとは線路がつながっており,車両の貸し借りがあるようですが,独立してこじんまりと運営されており,接続はありません.かなり古い貨車や修復中のクリッターがたくさんあり,許可をもらってみせてもらいました.

午後はふたたびFRにのって途中下車し,沿線散歩をしました.

【5日目】

Tremadogの宿の前からバスを乗り継いでLlanuechllynで下車し,Bala Lake Railway (BLR, 610mm, 7.2km)に向かいます.細長い湖畔の鉄道という点ではLLRに似ています.Hunslet製の小型機の宝庫でした.

DSC04053m.JPG

そのあと,Barmouth(バーマス)にでてうまくいけばフェリーで対岸のFairbourneにわたり,Fairbourne Railwayを訪れようと思ったのですが,汐の関係で乗り場が砂浜の先に移動しており,スーツケースを転がすのは無理とあきらめました.ローカル線のCambrian Line(カンブリア線)を乗り継いて海岸沿いの保養地Aberystwyth(アベリストウィス)にむかいました.このAberystwythで3泊します.

DSC04568m.JPG

【6日目】

Cambrian LineでTywyn(タウィン)に向かいます.少し歩いたところにTalyllyn Railway (TR, 686mm, 11.7km)があります.

DSC04386m.JPG

機関車トーマスの里でもあり,お面をつけた蒸機もいます.今日は蒸機4輌がフル出動ということでした.車庫をのぞいたりと1日楽しむことができました.

【7日目】

宿にしたAberystwythの駅に隣接しているのがVale of Rheidol Railway (VRR, 603mm, 18.9km)です.

DSC04495m.JPG

現地は穏やかな山並みが続きますが,谷を見下ろせる風光明媚な路線として有名です.朝はあいにくの雨でしたが午後から回復しました.

DSC04548m.JPG

夕方はAberystwythの町が見下ろせるケーブルカーにのってみました.

【8日目】

Cambrian LineでWelshpool(ウェルシュプール)に移動しました.駅前より少し離れたところを起点とするWelshpool & Llanfair Light Railway (W&LLR)に向かいます.

DSC04612m.JPG

今回訪れた中で唯一の2ft6inゲージ.国内には少ないゲージらしく,客車はオーストリアのZillertal Bahnとハンガリーのものが使われていました

そのあと、一旦Walesを出て,Shrewsburyを経由して一路南ウェールズのCardiff(カーディフ)に向かいます.Cardiffで2泊の予定です.

【9日目】

ローカル線でMerthyr Tydfil(マーサー ティドビル)まで行き,そこからバスに乗り継ぐ予定でした.しかしホテルのすぐ近くでそこに向かう路線バスが待機していたので,それを利用して向かったのが最後の鉄道訪問となるBrecon Mountain Railway(BMR, 603mm, 8km)です.

DSCF7157m.JPG

このあたりはBrecon Beacons(ブレコン ビーコンズ)国立公園に属し,観光鉄道として廃線跡を利用して開通した路線らしいです.世界中から車輛を集めており,活躍していたのはBaldwinの機関車.編成後部にはSandy Riverを模したカブースがつくなど,アメリカ色が強いです.あいにくの雨でしたが賑わっていました.帰りはMerthyr Tydfilから鉄道を利用して町に戻りました.

 【10日目】

DSC04804m.JPG

Cardiffからは山間にむかって鉄道支線が数多く伸びています.そこでこの日はEbbw Vale Town行きにのり,LLanhilethからバスを乗り継いでNational Coal Museumへ.良質の無煙炭の産地として栄えたこの一帯は世界遺産にもなっています.博物館の中心にある地下鉱脈におりるシャフトは現役で,降りてガイドの歴史説明を受ける見学コースになっています.

こうしてほぼ予定どおり目的地を訪ねまわることができました.Cardiffの隣町Newport(ニューポート)からGreat Western Railwayの特急にのってPaddington, London(ロンドンパディントン駅)に夕方到着して一泊しました.翌日空港を飛び立ち,翌々日の12日目早朝に羽田に帰りました.


以上が旅の概要です.訪問した鉄道の内容についてはあらためて綴っていく予定です.



nice!(0)  コメント(4)