So-net無料ブログ作成
検索選択

バランスゲーム(ゲーム盤ジオラマの可能性?) [ガジェット]

DSCF6536.JPG
我が家には大切に保管されてきたバランスゲームが3種類残されています.
家庭用のゲームでこのような形態のものをどう呼んでいいのか迷います.バランスゲームというと積み木のようなものでどこまで積み重ねることができるかを競うパーティーゲームがよく知られていますが,これは台の上にものを載せる時間を競うゲームです.3つのうち,二つは戦前の製品と思われます.
DSCF6537.JPG
まずは一番新しいもので,”アップルゲーム”.鉄棒台のような軸に串刺しされた不安定な台があり,その上に同色のリンゴをフックで釣り上げて載せていくと遊びです.リンゴというよりもカーリングの石のようですね.このゲームはデパートで父が買ったような記憶があります.箱裏の簡単の説明のあとに,桜と山をあしらったマークがついていて”マウント(Mount)”と書かれているので,現在のハナヤマにつながるブランドでしょうか?
DSCF6538.JPG
次は”カーレントイランド(Carlen Toyland)”というブランドの製品.箱にはゲームの名前が入っていませんが,”タマゴのせゲーム”です.台の上に置かれた巣に,かごがついた道具で5色のタマゴをすくって載せていく遊びです.タマゴをどのような下地に置くかによって難易度が変わります.
DSCF6542.JPG
DSCF6540.JPG
そして最後は同じく”カーレントイランド(Carlen Toyland)”の製品で,箱の裏側にゲーム名と説明が記載されています.題して”サーカス・ルンバ”.滑車に取り付けられたフックを滑らせてピンをひっかけ,同じ色の台に載せるという競技です.説明書きによればピンはダンシング・ドル(ドール)と名づけられています.つまり,サーカスの曲芸をイメージしているわけです.”明るい笑ひを皆様のご家庭にキット約束する新しい形式のゲーム.....「サアー順番を決めませう.....”

これらは道具を使ってものを運ぶだけの単純なゲームですが,デザインの良さに感心します.またコンパクトにしまっておける点も利点です.
そしてたびたび連想してしまうのが,ゲーム要素を取り入れたジオラマのことです.
DSCF6545.JPG
左においてあるのはかつて乗工社が出していたブックレットにある集材所セクションのスケッチです.材木を釣り上げて貯木場に積み上げたり,運材台車に載せてみる,などの遊びを滑車を使って楽しむジオラマにしてもおもしろいのではないかと考えるわけです.このようなゲーム的要素があるジオラマ(あるいは鉄道模型レイアウト),あるいはジオラマ的なゲーム盤があっても面白いのではないかと思います.

Covered Speederをつくる [Sナロー]

DSCF6430m.JPG

米国の保線用人員輸送車として広く使われたのが,Fairmont Speederという超小型の車輛です.屋根があっても脇はオープンなのが標準ですが,3ftゲージのRGSの冬季仕様という密閉型があったようです.Grandt LineがOn3の動力付プラキットを出していましたので,これをOn30に改軌したものを製作しています(http://www.geocities.jp/karatcreek/SpeederKits_e.html ) 成型の精度が高いので,ボディははめ込みで固定でき,ウェイトを積めばかなりの低速走行も可能なので,ときどきは走らせて楽しんでいるモデルです.
図面を1/64に縮小してみたところ,9ミリの小型動力にちょうど合う大きさです.本来は3ftゲージでインサイドフレームですが,アウトサイドフレームの2ft仕様として,多少の変更を加えてデザインしてみました.そして第1作と同様に2輌分の製作にとりかかりました.
DSCF6394m.JPG
DSCF6395m.JPG
車体は前作同様0.3ミリのリベット打ちと0.5ミリの貼り合わせです.ヘッドライトにはエコーモデルの前照灯を使いました.

今回,動力に使ったのはアルモデルがNゲージ用アルナインとして展開している軸距14ミリ動輪径6ミリのアルパワー14Aと軸距16.5ミリのアルパワー16Aです.グリーンマックスの動力台車を応用した製品らしいです.ふたつとも外寸は同じで,15ミリ幅の洋白の床板がついていますので,この上にプラ板の床板を載せて,それに車体を固定することにしました.しかし,そうなると軸受のフレームはプラ板の床板には付けれらないので,中央の窪みに入る2x2.5ミリプラ棒をフレームに接着し,真鍮線で補強したうえで差し込んで固定する方式にしました.軸距16.5ミリの方の軸受はアルモデルの軽便気動車オプションパーツ菱枠型台車枠をそのまま使用し,14ミリの方は軸受部分だけを切断して使いました.
DSCF6402m.JPG
DSCF6397m.JPG
DSCF6408m.JPG
DSCF6413m.JPG
アルモデルの動力のうち,一台は順調な走りでしたが,もう一つが不調で分解したところ,細い犬の毛などが軸にまきついて接触不良を起こしたようで,取り除きましたが,しばらくすると接触不良をぶり返します.さらに調べたところ,分解を重ねているうちに集電枠に接触している洋銀の集電枠が変形で接触不良を起こしていることがわかり,モーターカバーとの間にプラ片をいれて押さえを効かせたところ順調に走行するようになりました.
DSCF6434m.JPG
主に単行で走らせる黄色の3号機とオレンジ色の4号機が完成しました.
自作動力が4輌そろったのでそろそろ軌道開業といきたいところです.

1/64ミニカー [Sナロー]

Sナローの情景に欠かせない1/64ミニカーの話題です.DSCF6388m.JPG
まずは鉱山軌道の積み出し用のダンプカー.2ft軌道は本線鉄道とは接続していないので,外部への運び出しはダンプカーが担います.そこで日産ディーゼル680型とマツダE2000の登場です,いずれも1960年代のモデルで,製品はTLV(トミカリミテッドビンテージ).汚してあります.これから製作するレイアウトに欠かせない車です,
以降はミニカー趣味的なお話!
DSCF6389m.JPG
こちら右は1957年型の初代プリンススカイライン.当時の世界の先端デザインに全く遅れていませんね.同じ1957年のフォードとシボレーをみればわかります.まだ大衆の手に届く値段ではなかったという点を除いては.
左は商用車のプリンススカイウェイ.プリンスグロリアがスカイラインから独立した後,スカイラインのフルモデルチェンジまでには数年の遅れがあって,その間旧型のフェイスリフトでしのいでいます.このフェイスリフト,グリルと4灯が横一直線に並んだデザインで一新されますが,このあたりの処理もアメ車の流れに沿っています.いずれもTLV製品です.
DSCF6314m.JPG
1/64ミニカーは日本車とアメ車が充実しています.これは初代フォードブロンコでわたしの好きな車の一つです.ドアのないレジャービークル仕様があるのが魅力です.Greenlightの製品で,このメーカーは車種の展開は少ないものの,TVシリーズやテーマ物でパッケージ化しており,集めるのが楽しみです.
DSCF6313m.JPG
ジープのラインアップも同じくGreeenlightの製品
DSCF6326m.JPG
また,ホットロッドやヒッピー仕様もあります.左はフィアットトポリーノをベースにしたドラッグ仕様
DSCF6321m.JPG
一方こちらは日本の初期軽自動車です.TLVのほかにコナミ,京商などが出しています.
DSCF6324m.JPG
日本型小型トラックも充実しています.いずれもTLV製品
以上,ざっと紹介しましたが,いずれも時代進行形でレイアウトで活躍してもらうつもりです.

はこてつで内燃機を自作 [Sナロー]

DSCF6378m.JPG
Sナロー(1/64-9mm)の自作一号として,はこてつ動力(トミーテック)を利用した内燃機を2輌つくってみました.小さい実機を想定していますが,大き目のHOナローとしても通用します.ミニトレインズのグマインダーと比較していますが,大きさはかわりません.
DSCF6370m.JPG
フリーランスですが,いつもの癖で図面を書き,プラバンに貼り付けて切り落としていきます.
DSC02337m.JPG
これで2両分のパーツです.
DSC02339m.JPG
動力まわりですが,はこてつ動力の床板の部分は少し加工し,その上にプラバン床板を載せています.
DSC02342m.JPG
ボンネットの加工です.
DSC02348m.JPG
組立がほぼ終わった状態です.
DSC02356m.JPG
ダミーカプラーをとめるねじが車体上回りを固定し,同時に動力も抑える構造になっています.
DSCF6371m.JPG
カプラーは欧州タイプのひっかけ式に対応するためにとりあえずピンのところに棒をさしています!
車体が軽すぎるので,ミニ4駆用のウェイトを入れていますが,それでも足りず接触不良をおこしています.
DSCF6386m.JPG
貨車はロコインターからも出ているミニトレインズの大き目の鉱車の編成でテスト運転中です.
脱線しやすい貨車ですが,カプラーのフックは片側だけにすると安定します,
とりあえず自作の動力ができましたので,走らせながらレイアウトの構想を練っています.