So-net無料ブログ作成

未完の箱モノ 16番プラバン車体 [鉄道模型その他]

フリーランスの16番トロリーライン”松ヶ崎電鉄”を展開していた当時,プロトタイプ物にも少し手をつけました。それらはブラスキットが中心でしたが,プラバン自作を始めたものもあります.

DSCF6902s.JPG

1981年のことです.職場の同僚が一眼レフカメラを初めて買って撮影対象を開拓いたこともあり,ゴールデンウィークの帰省の折,途中下車で名鉄岐阜市内線,美濃町線の撮影に誘ったのです.美濃町線は路面電車が専用軌道を走るという,もっとも好きな情景が展開される路線でした.そして思わぬハプニングが!新関にたどり着く前に乗用車との接触事故を起こしたのです.幸い軽い接触だったのでけが人は出さずに済んだものの,しばらくは立ち往生.同行の同僚は鉄ではないので,これ以上待たせるわけにもいかず、引き返すことになり念願の終点にはたどり着けませんでした.したがって専用線を走る路面電車の風情は十分カメラに納めることはできませんでした。

さて,当日購入した岐阜市内線・美濃町線の一日乗車券ですが,これがすごいのです.美濃町線近代化記念ということで同線の運行ダイヤと全車両の側面がイラストとして描かれているのです.折り畳みステップのオリジナル600形が6輌,札幌から来た連接車870形が8編成,そして地味な路面電車590形が5両、全て描かれています.事故にあったとき乗っていたのは590形です.地味な車両とはいえ、典型的な路面電車スタイルは模型として融通がきくので,この切符の側面図を拡大してプラバンで製作を開始することになりました.正面は写真があるのでそれをもとにしました.

DSCF6903s.JPG

まず切符のイラストを拡大し(左上),方眼紙に図面を起こします(右上)

そして0.5ミリプラバン2枚合わせの図面を作成し(左下),切り抜きを開始しました(右下).

DSCF6904s.JPG

これがプラバンで,外板の窓とドアは切り取られていますが,残りは罫書のまま,放置されること30年以上経過してしまいました.屋根をどのようにつくるかを考えているうちに頓挫したということです.


さて,路面電車とは別に標準的な私鉄電車にも関心があったので,ブラスキットを少し組みましたが,プラバンでも挑戦しようと選んだのが一畑電気鉄道のオリジナル車輛です.16m級のデハ1,デハ20,そして荷物合造車のデハニ50です.

DSCF6906s.JPG

参考にした資料や図面はいくつかありますが(左側),カラーブックス日本の私鉄,中国四国九州編の巻末にあったデハ20の図面は全体のバランスを掴むのに役立ちました(左下).方眼紙に3形式の図面をつくり(右上),プラバンにコピーを貼り付けて切り抜きを開始しました.

DSCF6907s.JPG

特徴的な一面リベットだらけの感じを表現したかったので、プラバンでの初めての挑戦になりました。リベット打ち出しのため0.3ミリ厚プラバンを使っていますので、窓枠を含め何層かの裏打ちは必要なのですが、そちらはまだ準備しないまま、とりあえず外板だけで切り抜きを始めました。


DSCF6914s.JPG

リベットは思いの外うまく打ち出せれています。しかし、こちらも全体構成を考えているうちに頓挫し,やはり30年以上が経過してしまいました。


次は車体自作した唯一の本線私鉄電車。京急1500形です。

DSCF6912s.JPG

当時地元の模型同好会で活動しており、京急車両の模型展示を行うというので急遽製作に名乗りをあげました。車体はプラ板、屋根は木板の上にプラペーパーでカバー、空調機器は借りてきたダイキャストをレジンで型取りしたものです。

DSCF6911s.JPG

前面は透明板をマスキングで塗装分けし、はめ入れています。期限があったのでなんとか駆け込みで完成させて展示に間に合わせました。しかし床下機器は未装備のままで、仕上げにもムラがある点が気になったまま、収納保管されることとなりました。

DSCF6909s.JPG

そしてまだ増備の計画がありました。これはプラ板に図面を貼り付けたまま残っているものです。それまでの切り抜き用テンプレートは方眼紙で作り直していましたが、この京急1500形は鉄道ファンの図面のコピーをそのままプラ板に貼り付けていました。

 

 現在は16番の箱モノへの情熱は冷めてしまっているので,このままの状態で残されることになりそうです.今日ではスキャナーにかけた図面の拡大縮小は自由自在ですが,当時はコピー機と向き合いながら拡大縮小の失敗を重ねていた苦労を思い出します.

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0